探偵に相談する前に自分でやるべきこととは

パートナーの浮気を疑う時は、すぐに探偵に依頼する前にやるべきことがあります。探偵事務所に動いてもらうのは、タダじゃないですからね。自分でもプライバシーを守りつつ行動や言動などをチェックしましょう。

たとえば、パートナーの性格や日ごろの行動によりますが、私のパートナーは帰宅時間が決まっていないけれど、夜飲みに行くことがないのです。

浮気しているかも?と感じたらすぐに探りを入れずに1週間ほど様子をみます。
1週間の行動や身の回り品(スマホ)の置き場所など、チェックして浮気しているかどうかを判断します。
直接スマホをチェックするのはプライバシー違反なので、本人が知らないところではチェックしませんが、自分のスマホが調子悪いふりをしてパートナーのスマホをさりげなくチェックするかも。
浮気してすぐって、浮気相手とも気持ちが高ぶっているだろうから連絡を取り合ったり、会いたい気持ちでいっぱいのはず。
「ちょっと貸して」と言っただけでも、きっと動揺すると思うのでその反応もチェックします。
相手と連絡を取り合うとしたら、自宅にいる時はスマホを利用するだろうから、スマホなどの置き場所もチェック。
いつもは家族の誰でも触れるような個人スペースに置いているのですが、浮気しているなら触られたくないだろうから、お風呂に入っているときなどは要チェックですね。
仕事で家にいない日中でも連絡をとっているかもしれないけれど、帰宅してからスマホをチェックしてもムダそうです。

用意周到なパートナーなので浮気相手からのメールや着信・発信の履歴は削除していると思うので、1週間だと休日が入るので分かりやすそうです。
こちらが、勝手にスマホを触ったりパートナーの行動をしつこく詮索するのはケンカの素になるし、浮気が本気になるのも困るので
出来るだけ、さりげなく行動してパートナーが「もしかして気づいてる?」くらいに感じてくれればいいかなと思います。
あからさまな行動よりもチェックに限ります。それでも、証拠をつかめないようなら、はじめて探偵のところに行ってみましょう。